食物アレルギーについて

最近では、アレルギーを持っている方が増えてきています。

お子さんがいるご家庭では、お子さんのアレルギーに苦労している方も、いるのではないでしょうか。

では、食物アレルギーとは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。

食物アレルギーを持っている方は、それぞれ特定の食品に対して、アレルギー症状を起こすことになります。

アレルギーというと、「それほど、大したことはないだろう」と思っている方もいると思いますが、中にはアナフィラキシーショックなどを起こし、命を落としてしまうこともあります。

そのため、食物アレルギーがある場合には、細心の注意が必要となります。

食物アレルギーの方は、それぞれ原因が異なってきます。

幼児期の場合には、卵や牛乳などにアレルギー反応を起こすことが多くなります。

青年期の場合には、甲殻類やそばなどが増えてきます。

成人期となると、小麦や魚介類、果物などによりアレルギー反応が出る方が多くなります。

その他、大豆や米、ナッツ、大麦、フルーツなどにアレルギーを起こす方もいます。

症状としては、皮膚に蕁麻疹の様な物が出る場合もあれば、目が充血したり、鼻水が止まらなくなってしまう方もいます。

また、呼吸器系に反応が出て、喘息を起こしたり、呼吸困難などの症状が現れることもあります。

神経系に症状が出る場合には、頭痛などを引き起こします。こういった症状は、食後の2時間以内に現れることが多くなります。

このように、食物アレルギーは、人によって様々な食材により反応することになりますので、充分注意が必要となります。

今は、アレルギー症状がない方でも、突然アレルギー反応を起こすこともありますので、注意しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る