食材の切り方について

料理をする際には、食材を様々な形に切っていると思います。

料理初心者の方にとっては、「どうやって、切ったらよいのだろう?」と思っている方もいると思います。

では、それぞれの切り方について、ご紹介しましょう。

 

まず、大根やニンジンなどを切る際には、いちょう切りを行うことが多くなります。

野菜炒めや煮物などの際にも、いちょう切りを行うことが多いでしょう。

イチョウの葉の形の様にカットすることで、見た目も綺麗になります。

厚みは、それぞれの料理に応じて切っていきましょう。カレーなどを作る際には、玉ねぎなどをカットする際、くし型切りを行います。

まるい玉ねぎを、縦半分にカットし、更に半月上に等分にカットしていきます。

この切り方は、トマトなどをサラダに盛り付ける際にも、取り入れる方法となります。野菜スープなどを作る際には、野菜は細かくカットしていくことになります。

大根やニンジンなどは、カットする際に用いられるのは、債の目切り。1㎝角くらい程度に、真四角にカットしていきます。

てんぷらの際にレンコンをカットする時、おでんの大根などをカットするときに用いるのは、輪切り。食材によって、厚みを変えていくことになります。

煮物などを行う際には、野菜を乱切りしていきます。乱切りは、大きさは同じくらいに意識してカットしていきますが、形はバラバラの状態となります。

このように、同じ食材でも、料理方法によって切り方が変わってきますので、ぜひこちらを参考に料理の際に生かしてみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る