「だし」について

料理を毎日の様に、している方も多いと思います。

毎日の様に作る料理は、なかなか大変なものですよね。

お味噌汁などは、毎日作る方も多いでしょう。そのお味噌汁を作る際には、どの様にだしを取っていますか。

「顆粒のだしを使っている」という方も多いと思います。

確かに、顆粒のだしであれば簡単にだしを取ることが出来ますから、便利ですよね。

でも、たまにはしっかりとだしをとって、美味しいお味噌汁を作ってみませんか。

では、だしについて、ご紹介しましょう。

だしには、一番だし、二番だしがあります。

一番だしは、名前の通り最初の取るだしのこと。

香利が良いという特長がありますが、旨みはまだ少ない状態となります。

お吸い物などを作る際には、この一番だしがおすすめとなります。

二番だしは、二回目にとるだし。

一番だしと比べると、香りはすくなくなってしまいますが、旨みが出た状態となります。

そのため、煮物を作る際やお味噌汁には最適なだしといえるでしょう。また、だしを取る際には、様々な食材がありますよね。

例えば、昆布やかつお節。こちらは、何にでも合うだしといえるでしょう。煮干しは、煮物や味噌汁などに向いているだし。

干しシイタケの場合には、単独で使うことは少ないですが、昆布などと一緒にだしをとっていくことになります。

うどんやそばなどのつゆを作る際には、適しただしといえるでしょう。

このように、だしと一言で言っても様々なだしがあります。

余裕がある時には、しっかりとだしをとって調理してみるのも良いですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る