放射性物質について

最近では、「安全な食材を選びたい」と考えている方も増えてきていると思います。
その中には、「放射性物質が気になっている」という方も多いと思います。しかし、実際に放射線物質と言われても、「どういったものか、分からない」という方も多いのではないでしょうか。

では、放射性物質について、ご紹介しましょう。
簡単に言うと、放射能を持っている物質のことを、放射性物質といいます。
一定の確率で放射性物質は破壊を行い、粒子線や電子波として放出されることになります。
ニュースなどで聞いたことがある方も多いと思いますが、放射能を表す単位はベクレルといいます。
この放射性物質は、体にどういった影響があるかというと、統計によると、100ミリシーベルトを超えた場合には、体に何らかの被害が出る可能性が高くなると言われています。
日本人の場合には、年間被ばく線量は約1.5ミリシーベルト。
そのため、通常の生活を送っている場合には、放射能による健康日が現れることはほとんどないでしょう。
万が一、体に放射能を摂取してしまった場合には、排泄などにより外に出されることになり、体のなかの放射能は減少していきます。
しかし、年齢によってもこの期間は異なってくることになります。
食品などに記載されている、放射性物質検査の概要は、各地方自治体によって検査を行っていることになります。

「より、安全な食材を選びたい」という方は、放射性物質検査などを行っているものを選ぶと良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る