オーガニック食品について

最近では、食の安全に関心を持っている方も多くなってきています。
そのため、自分たちで食べる食材選びにも、気を使っている方が多くなってきています。
しかし、実際には「どう違うのだろう?」と思っている方も多いと思います。

では、その中のひとつ、オーガニック食品とはどういったものなのか、ご紹介しましょう。オーガニック食品とは、2年間、3年間は、農薬などを使用せずに、土壌改良を行って作られた、遺伝子組み換えを行っていない食品のことをいいます。
有機食品の場合には、有機JASマークがついている食品を見たことがある方もいると思いますが、このシールが貼られている場合には、認可された事業者により生産されたという証になります。
ということは、この有機マークJASマークがついていないにも関わらず、有機食材やオーガニック食材という表示は出来ないということ。
これは、どれだけ厳しい環境で作られているのか、分かりますよね。
しかし、オーガニック食品だからといって、一切費用を使っていないわけではありません。
有機栽培の場合には、有機質肥料や無機質の肥料などは使用することが可能となります。有機肥料として使用出来るのは、骨粉やし尿、海藻、貝類など。無期質肥料として使用出来るのは、石こうや、炭酸カルシウムなどが当たります。

このように、オーガニック食品には、認定された有機JASマークがついていることになりますので、購入の際にはぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る